メニュー

djangoにおけるMVC(MVT)の使い方と説明

本稿はdjangoにおけるMVCに関する記事です。

 

MVCとは?

MVCとはプログラムの役割をModel, View, Controllerに分割するデザインパターンです。

djangoのMVCは通常とは少し異なります。詳細は後述します。

 

デザインパターンとは?

デザインパターンとはプログラムを実装する上での設計方針です。

デザインパターンに則り実装することで効率の良い開発が可能となります。

 

MVCのそれぞれの役割

以下、MVCのそれぞれの役割です。
 

Model:  データの保持と加工

View: ユーザーに見せる画面

Controller: ユーザーからの入力値に対する処理

 

djangoにおけるMVC

djangoはMVCではなくMTVと呼んでよいでしょう。

Model: MVCのModelに相当します。

TemplateMVCのViewに相当します。

View: MVCのControllerに相当します。


子記事一覧
  1. ビュー(View)
  2. テンプレート(Template)
  3. モデル(Model)
  4. ルーティングの作成
  5. viewからtemplateへの遷移方法

同階層の記事一覧
  1. 環境構築とプロジェクト/アプリの作成
  2. MVC(MVT)のそれぞれの使い方と説明
  3. データベースへの接続と操作
  4. Django Administration
  5. git管理
  6. エラー一覧
  7. バージョンの確認方法
  8. ログ出力方法
  9. SQLのログ出力方法
  10. ログのローテート設定
  11. settings.pyの定数にアクセスする方法
  12. 本番環境へのインストールとアプリのデプロイ
  13. djangoアプリの本番の開始URLを変更する
  14. 静的(static)ファイルの置き場所と読み込み(画像、css、js )
  15. CSRFトークンをAjaxで使用する方法
  16. ファイルのアップロードとファイルの名前
  17. クイックスタート/チュートリアル


■ 詳細情報
■ 過去バージョン
■ 記事の差分


最近コメントのあった記事

コメント一覧


コメントがありません