1.

djangoのビュー(View)

ページの作成
テンプレートを更新

ページの作成

親となるページを選択してください。

ページは必ず何かしらの親ページに紐づきます。
親ページに紐づくページを子ページといいます。
例: 親=スポーツ, 子1=サッカー, 子2=野球

子ページを親ページとして更に子ページを作成することも可能です。
例: 親=サッカー, 子=サッカーのルール

親ページはいつでも変更することが可能なのでとりあえず作ってみましょう!

これはdjangoのViewに関する記事です。

 

djangoにおけるViewとは通常のMVCのControllerに相当し、ユーザーからの入力値に対する処理を記載します。

Viewに関する項目を子ページから選択してください。

子ページ
  1. クラスベースビュー(主流)の作り方とviewの分割
  2. 関数ベースビューの作り方とviewの分割
  3. URLディスパッチャー(ルーティング処理)
  4. GETとPOSTパラメータ受け取り
  5. クラスベースビューでGET/POSTリクエストの受け取り方
  6. クラスベースビューでテンプレートに値を渡す方法
  7. ビューでリダイレクト
  8. cookieの値の設定と取得
  9. HTTPステータスコードの返し方
同階層のページ
  1. ビュー(View)
  2. テンプレート(Template)
  3. モデル(Model)
  4. ルーティングの作成
  5. viewからtemplateへの遷移方法

最近の質問

コメント一覧

コメントがありません

ログインしなければコメント投稿はできません。