ログインをしてページを更新するだけでお金を稼ぐことが出来ます。
ページの作成

ページの作成

親となるページを選択してください。

ページは必ず何かしらの親ページに紐づきます。
親ページに紐づくページを子ページといいます。
例: 親=スポーツ, 子1=サッカー, 子2=野球

子ページを親ページとして更に子ページを作成することも可能です。
例: 親=サッカー, 子=サッカーのルール

親ページはいつでも変更することが可能なのでとりあえず作ってみましょう!
テンプレートを更新

27. 【django】テンプレートで利用する共通のcontextを定義する方法

概要

以下の様に全てのテンプレートで使用するパラメータを毎回contextに詰めるのは冗長的で依存的になってしまう。

context = {
    'key1': 123,
}

template_name = 'index.html'

return render(request, template_name, context)

共通のcontextはcontext_processorの機能を使用して定義することで個別に値を詰める必要が無くなる。

 

context processorの定義と設定

適当な場所にcontext processor用のファイルを定義する。

今回はappディレクトリ直下にcontext_processorsディレクトリを作成してその中にsample.pyを作成するものとする。

以下、sample.pyの内容。

def sample(request):

    return {'key1': 123}

 

定義してファイルをsetting.pyに追記する。

以下、setting.pyに定義する内容。

TEMPLATES = [
    {
        'BACKEND': 'django.template.backends.django.DjangoTemplates',
        'DIRS': [
            os.path.join(BASE_DIR, 'templates'),
        ],
        'APP_DIRS': True,
        'OPTIONS': {
            'context_processors': [
                'django.template.context_processors.debug',
                'django.template.context_processors.request',
                'django.contrib.auth.context_processors.auth',
                'django.contrib.messages.context_processors.messages',

                'app.context_processors.sample.sample',
            ],
        },
    },
]

 

テンプレート側の出力

あとは以下のようにテンプレート側で出力するだけ。

{{ key1}}

 

子ページ
子ページはありません
同階層のページ
  1. 環境構築とプロジェクト/アプリの作成
  2. MVC(MVT)のそれぞれの使い方と説明
  3. データベースへの接続と操作
  4. Django Administration
  5. git管理
  6. エラー一覧
  7. バージョンの確認方法
  8. ログ出力方法
  9. SQLのログ出力方法
  10. ログのローテート設定
  11. settings.pyの定数にアクセスする方法
  12. 本番環境へのインストールとアプリのデプロイ(apache編)
  13. 本番環境へのインストールとアプリのデプロイ(nginx編)
  14. djangoアプリの本番の開始URLを変更する
  15. 静的(static)ファイルの置き場所と読み込み(画像、css、js )
  16. CSRFトークンをAjaxで使用する方法
  17. ajaxの使用例(POST編)
  18. ファイルのアップロードとファイルの名前
  19. クイックスタート/チュートリアル
  20. ログイン機能
  21. テンプレート側のログイン判定
  22. ビュー側のログイン判定
  23. 管理者ユーザーの作成/判定と管理画面
  24. モデルのjson化とレスポンス
  25. runserverでポートを指定する方法
  26. cronによるバッチ実行
  27. テンプレートで利用する共通のcontextを定義する方法
コメント一覧

    No.7 | guest | 2019-07-19 15:13:16

    <a href="https://kamagra50.com/">kamagra pills</a>

    No.6 | guest | 2019-07-18 04:02:16

    <a href="http://kamagra50.com/">kamagra</a>

    No.5 | guest | 2019-07-17 20:23:10

    <a href="https://kamagra50.com/">buy kamagra</a>

    No.4 | guest | 2019-07-17 10:17:00

    <a href="https://kamagra50.com/">buy kamagra</a>

    No.3 | guest | 2019-07-12 09:01:19

    <a href="https://kamagra50.com/">buy kamagra</a>

    No.2 | guest | 2019-07-11 23:57:47

    <a href="https://kamagra50.com/">buy kamagra online</a>

    No.1 | guest | 2019-06-24 22:12:48

    Rather than that, put your concentrate on the most important currency pairs. One strategy that has been gaining in popularity is the Forex stock options trading. Go here for More Strategies. http://lms-studio.ru/bitrix/redirect.php?event1=&event2=&event3=&goto=http://ace333.gdn/index.php/download/20-live22