ページの作成

ページの作成

親となるページを選択してください。

ページは必ず何かしらの親ページに紐づきます。
親ページに紐づくページを子ページといいます。
例: 親=スポーツ, 子1=サッカー, 子2=野球

子ページを親ページとして更に子ページを作成することも可能です。
例: 親=サッカー, 子=サッカーのルール

親ページはいつでも変更することが可能なのでとりあえず作ってみましょう!
テンプレートを更新

11. 【Tomcat / Mac編】Java(JRE_HOME)のバージョン変更方法

※tomcatを直に起動した際のjavaバージョンに影響するものであってeclipse上から起動する場合はeclipse側で設定する場合があるので要注意。

 

基本的にMacで設定しているJavaバージョンを変更することでtomcatのJavaバージョンも変わる。

MacのJavaバージョン確認方法

$ java -version
java version "1.7.0_80"
Java(TM) SE Runtime Environment (build 1.7.0_80-b15)

Java HotSpot(TM) 64-Bit Server VM (build 24.80-b11, mixed mode)

 

Tomcatで設定しているJavaバージョン確認方法

$ ./version.sh
Using CATALINA_BASE:   /Applications/apache-tomcat-9.0.39
Using CATALINA_HOME:   /Applications/apache-tomcat-9.0.39
Using CATALINA_TMPDIR: /Applications/apache-tomcat-9.0.39/temp

Using JRE_HOME:        /Library/Java/JavaVirtualMachines/jdk1.8.0_131.jdk/Contents/Home
Using CLASSPATH:       /Applications/apache-tomcat-9.0.39/bin/bootstrap.jar:/Applications/apache-tomcat-9.0.39/bin/tomcat-juli.jar
Using CATALINA_OPTS:
Server version: Apache Tomcat/9.0.39
Server built:   Oct 6 2020 14:11:46 UTC
Server number:  9.0.39.0
OS Name:        Mac OS X
OS Version:     10.14.6
Architecture:   x86_64

JVM Version:    1.8.0_131-b11
JVM Vendor:     Oracle Corporation

 

使用できるJavaバージョンの確認

/System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Versions/A/Commands/java_home -V

 

設定の変更

sudo vi ~/.bashrc

.bashrc以外にも.profileや.zshrcdでも変更可能。

 

以下の2行を追加する。

export JAVA_HOME=`/System/Library/Frameworks/JavaVM.framework/Versions/A/Commands/java_home -v "1.8"`
PATH=$JAVA_HOME/bin:$PAT

1.8に当たる部分を任意のバージョンに変更。

 

続けて以下のコマンドを実行して設定を反映させる。

source ~/.bashrc

 

子ページ
子ページはありません
同階層のページ
  1. tomcatインストール(CentOS)
  2. WARファイルのAutoDeploy設定
  3. tomcatの起動/停止(Linux, Mac)
  4. JRE(JVM)のJavaのバージョン確認方法
  5. エラー一覧
  6. CATALINA_HOMEの確認方法(Linux, Mac)
  7. 管理画面の開き方
  8. tomcatの起動確認方法
  9. tomcatの起動/停止ログとcatalina.log/catalina.outの違い
  10. CentOSにおけるポート開放方法
  11. Javaのバージョン変更方法(Mac編)

最近更新/作成されたページ

最近の質問

コメント一覧

コメントがありません