ログインをしてページを更新するだけでお金を稼ぐことが出来ます。
ページの作成

ページの作成

親となるページを選択してください。

ページは必ず何かしらの親ページに紐づきます。
親ページに紐づくページを子ページといいます。
例: 親=スポーツ, 子1=サッカー, 子2=野球

子ページを親ページとして更に子ページを作成することも可能です。
例: 親=サッカー, 子=サッカーのルール

親ページはいつでも変更することが可能なのでとりあえず作ってみましょう!
テンプレートを更新

12. 【プログラミング言語】Juliaの使い方

Juliaとは

公式サイトはこちら

高速パフォーマンスを特徴とした高水準の動的プログラミング言語。

計算処理を得意としPythonライブラリを呼び出すこともできるためAI関連の処理に向いている言語といえるかもしれない。(ここらへん要確認)

2018年8月にバージョン1.0リリース。

 

Juliaの特徴

以下、公式サイトから引用。

  • 標準ライブラリは、整数演算などの基本操作を含め、Julia自身により 作成されており、コア言語は非常に少なくなっています。

  • オブジェクトの構築または記述する型の種類が豊富にあります。 オブジェクトはオプションとして型の宣言を行うために 使用することもできます。

  • マルチディスパッチ により、引数の型の多くの組み合わせに対して関数の動作を 定義することが可能です。

  • 異なる引数の型の効率的な特殊コードの自動生成が可能です。

  • C言語のような静的にコンパイルされた言語を使用しているかのような 高いパフォーマンスを発揮します。

 

  • フリーオープンソース(MITライセンス

  • ユーザ定義の型は既存の型と同じくらい早く、コンパクト

  • パフォーマンス向上のためにコードをベクトル化する必要がない 非ベクトル化コード処理は早い

  • 並列処理と分散計算ができるよう設計

  • 軽く「エコ」なスレッド(コルーチン

  • 控えめでありながら処理能力が高いシステム

  • 簡潔かつ拡張可能な数値および他のデータ型のための変換と推進

  • 効率的なUTF-8 を含むUnicodeへの対応

  • C関数を直接呼び出すことが可能(ラッパーや特別なAPIは不要)

  • 他のプロセスを管理するための処理能力が高いシェルに似た機能

  • Lispに似たマクロや他のメタプログラミング機能

 

子ページ
  1. Julia単体のインストール
  2. JuliaProを用いたインストール
  3. フレームワーク
  4. Pkg REPL modeの起動
同階層のページ
  1. Java
  2. PHP
  3. Python
  4. C#
  5. HTML
  6. CSS
  7. JavaScript
  8. Vue.js
  9. TypeScript
  10. VBA
  11. Google Apps Script
  12. Julia
  13. Swift
  14. オブジェクト指向言語共通
  15. Gen
コメント一覧

コメントがありません