ページの作成

ページの作成

親となるページを選択してください。

ページは必ず何かしらの親ページに紐づきます。
親ページに紐づくページを子ページといいます。
例: 親=スポーツ, 子1=サッカー, 子2=野球

子ページを親ページとして更に子ページを作成することも可能です。
例: 親=サッカー, 子=サッカーのルール

親ページはいつでも変更することが可能なのでとりあえず作ってみましょう!
テンプレートを更新

15. PHPのエラーログ出力関数

本稿はPHPのエラーログ出力方法に関する記事です。

 

PHPには備え付けのログ出力関数があるので今回はそれを使用します。

error_log(メッセージ, 3, ログファイルのパス)

第二引数に指定するログタイプは3を指定することでログファイルにメッセージを書き込みます。

その他のタイプに関しては以下を参照してください。(※公式サイトより抜粋)

 

error_log() ログタイプ

0 message は、オペレーティング・システム のシステムログのメカニズムまたはファイルのいずれかを使って PHP のシステム・ロガーに送られます。どちらが使われるかは、 設定ディレクティブ error_log の内容により決定されます。これはデフォルトのオプションです。
1 message は、destination パラメータで指定されたアドレスに、電子メール により送られます。このメッセージタイプの場合にのみ、 4 番目のパラメータである extra_headers が使われます。
2 このオプションは存在しません。
3 message は destination で指定されたファイルに追加されます。 明示的に指定しない限り、message の 最後には改行文字は追加されません。
4 message は、直接 SAPI のログ出力ハンドラに送信されます。

 

子ページ
子ページはありません
同階層のページ
  1. インストール方法
  2. 文法
  3. Composerのインストール
  4. 内部関数
  5. フレームワーク
  6. エラー一覧
  7. 改行出力
  8. printとechoの違い
  9. シングルクォートとダブルクォートの違い
  10. returnとyieldの違い
  11. var_dumpをログ出力
  12. CSV読み込み
  13. 待機・処理の遅延
  14. ログファイルにエラーを出力する方法
  15. エラーログ出力関数
  16. URLパラメータの配列化
  17. empty, is_null. issetの判定比較表
  18. httpステータスコードの付与
  19. バージョンの確認
  20. php.ini
  21. APIを呼び出す方法
  22. 外部ファイルを呼び出す方法
  23. カンマ区切りの文字列を配列に変換
  24. 配列からランダムに値を取り出す方法
  25. Webスクレイピング

最近更新/作成されたページ

最近の質問

コメント一覧

コメントがありません