ページの作成

ページの作成

親となるページを選択してください。

ページは必ず何かしらの親ページに紐づきます。
親ページに紐づくページを子ページといいます。
例: 親=スポーツ, 子1=サッカー, 子2=野球

子ページを親ページとして更に子ページを作成することも可能です。
例: 親=サッカー, 子=サッカーのルール

親ページはいつでも変更することが可能なのでとりあえず作ってみましょう!
テンプレートを更新

5. Laravelのモデルにおけるタイムスタンプの生成

Laravelのモデルではcreated_atupdated_atのカラムは自動で更新されます。

それぞれ作成日時と更新日時が入ることになります。

モデルの自動更新の設定を解除したい場合は以下の実装をします。

<?php

namespace App;

use Illuminate\Database\Eloquent\Model;

class User extends Model
{
    /**
     * モデルのタイムスタンプを更新するかの指示
     *
     * @var bool
     */
    public
$timestamps = false;
}

 

日付のフォーマットを指定する場合は以下の様に実装します。

<?php

namespace App;

use Illuminate\Database\Eloquent\Model;

class User extends Model
{
    /**
     * モデルの日付カラムの保存フォーマット
     *
     * @var string
     */
    protected
$dateFormat = 'YYYY/MM/DD';
}

 

created_atupdated_atの名称を変更したい場合は以下の様に実装します。

<?php

namespace App;

use Illuminate\Database\Eloquent\Model;

class User extends Model
{
    const
CREATED_AT = 'creation_date';
    const
UPDATED_AT = 'last_update';
}

 

子ページ
子ページはありません
同階層のページ
  1. モデルの作成
  2. $fillable $guarded $hiddenの説明
  3. テーブルの紐づけ
  4. 主キーの指定とインクリメント
  5. タイムスタンプ
  6. モデルでselect
  7. モデルでinsert
  8. モデルでupdate
  9. 現在値に加算する方法
  10. created_at/updated_atの別名指定

最近更新/作成されたページ

最近の質問

コメント一覧

コメントがありません