4.

Action

ページの作成
テンプレートを更新

ページの作成

親となるページを選択してください。

ページは必ず何かしらの親ページに紐づきます。
親ページに紐づくページを子ページといいます。
例: 親=スポーツ, 子1=サッカー, 子2=野球

子ページを親ページとして更に子ページを作成することも可能です。
例: 親=サッカー, 子=サッカーのルール

親ページはいつでも変更することが可能なのでとりあえず作ってみましょう!
人気パソコン・周辺機器はこちら

Actionクラスとは

ビジネスロジックを記載する部分。

ActionFormクラスから入力値を受け取りActionクラスで処理をし、JSPに返すのが基本的な流れ。

実装するにはActionクラスを継承する必要がある。

 

Actionクラスの構成

Actionクラスが呼ばれるとexecuteメソッドが実行される。

引数は以下の例を参照。

public ActionForward execute(
    ActionMapping mapping,
    ActionForm form,
    HttpServletRequest req,
    HttpServletResponse res) throws Exception {
    
    MyForm myform = (MyForm)form;
    
    ~formから値を取得して何らからの処理~
    
    return mapping.findForward("success");
    
}

formを受け取ったら使用したformの型にキャストする。

あとはformから値を取得してなんらかの処理を実行して、処理の成功、失敗判定等を返す。

これらの判定に基づき「struts-config.xml」で定義したactionタグの遷移先に遷移する。

 

人気パソコン・周辺機器はこちら
子ページ
子ページはありません
同階層のページ
  1. 導入方法
  2. struts-config.xmlの説明
  3. ActionForm
  4. Action
  5. エラー一覧
  6. JSPタグ
  7. カスタムタグ(tablib)

最近更新/作成されたページ

最近の質問

コメント一覧

コメントがありません

ログインしなければコメント投稿はできません。