2.

struts-config.xmlの説明

ページの作成
テンプレートを更新

ページの作成

親となるページを選択してください。

ページは必ず何かしらの親ページに紐づきます。
親ページに紐づくページを子ページといいます。
例: 親=スポーツ, 子1=サッカー, 子2=野球

子ページを親ページとして更に子ページを作成することも可能です。
例: 親=サッカー, 子=サッカーのルール

親ページはいつでも変更することが可能なのでとりあえず作ってみましょう!
人気パソコン・周辺機器はこちら

struts-config.xml」の項目についてメモ。

 

Form Bean Definitions

<form-beans>タグ内でAction Formの定義を行う。

<form-beans>
    <form-bean
       
name="inputForm"
       
type="app.InputForm"/>
</form-beans>

name識別子

typeクラス

 

Global Exception Definitions

<global-exceptions>タグ内に例外処理を定義する。

<global-exceptions>
    <exception
       
key="expired.password"
       
type="app.ExpiredPasswordException"
       
path="/changePassword.jsp"/>
</global-exceptions>

key:エラーメッセージ

type:例外クラス

path:遷移先画面

 

Global Forward Definitions

<global-forwards>タグ内に共通の遷移先を定義する。

このタグを使用することで後述する<action-mappings>で記載の重複を避けられる。

<action-mappings>でも定義するとそちら優先される。

<global-forwards>
    <forward
       
name="welcome"
       
path="/Welcome.do"/>
</global-forwards>

name:識別子

path:遷移先画面

 

Action Mapping Definitions

<action-mappings>タグ内に個別の遷移先を定義する。

<action-mappings>
    <action
       
path="/Welcome"
       
forward="/pages/Welcome.jsp"/>

    <action
       
path="/Input"
       
type="org.apache.struts.actions.ForwardAction"
       
parameter="/pages/Input.jsp"/>

    <action
       
path="/InputSubmit"
       
type="app.InputAction"
       
name="inputForm"
       
scope="request"
       
validate="true"
       
input="/pages/Input.jsp"/>

        <action
           
path="/edit*"
           
type="app.Edit{1}Action"
           
name="inputForm"
           
scope="request"
           
validate="true"
           
input="/pages/Edit{1}.jsp"/>

</action-mappings>

path:入力パス

forward:遷移先画面

type:アクションクラス

parameter:アクションクラスに渡すパラメータのある画面

name:使用するform-beanの識別子

scope:requestかsession(デフォルト)を指定

validate:入力値チェックの有無

input:validateがtrueの場合にのみ指定する入力値チェックのエラー遷移先画面

ActionMapping..getInputForward()を実行した場合の遷移先となる画面

 

Message Resources Definitions

<message-resources>タグ内にメッセージリソースを定義する。

<message-resources parameter="java.MessageResources" />

parameter:リソースファイルのディレクトリを指定

 

Plug Ins Configuration

<plug-in>タグ内にプラグインを定義する。

<plug-in className="org.apache.struts.tiles.TilesPlugin" >

  <set-property property="definitions-config"
                   
value="/WEB-INF/tiles-defs.xml" />
  <set-property property="moduleAware" value="true" />
</plug-in>

className:プラグインのパス

 

<set-property>:アプリのプロパティを渡すタグ

property:プロパティ名

value:プロパティ値

 

Validator plugin

入力値検証用のプラグインを定義する。

定義方法はPlug Ins Configurationと同じ。

 

人気パソコン・周辺機器はこちら
子ページ
  1. ActionMapping
同階層のページ
  1. 導入方法
  2. struts-config.xmlの説明
  3. ActionForm
  4. Action
  5. エラー一覧
  6. JSPタグ
  7. カスタムタグ(tablib)

最近更新/作成されたページ

最近の質問

コメント一覧

コメントがありません

ログインしなければコメント投稿はできません。