ページの作成

ページの作成

親となるページを選択してください。

ページは必ず何かしらの親ページに紐づきます。
親ページに紐づくページを子ページといいます。
例: 親=スポーツ, 子1=サッカー, 子2=野球

子ページを親ページとして更に子ページを作成することも可能です。
例: 親=サッカー, 子=サッカーのルール

親ページはいつでも変更することが可能なのでとりあえず作ってみましょう!
テンプレートを更新

7. 配列

配列とは値に順序をつけて格納できるオブジェクトのこと。

JavaScriptで扱える配列は可変長の配列のみ

配列に格納した値のことを要素、要素の位置のことをインデックス(index)という。 

 

 

配列の生成方法

 var array1 = ["a", "b", "c"];

  下記のように格納される。

  ⇒[”a”, ”b”, ”c”]

 

 var array2 = new Array(1, 2, 3); 

  下記のように格納される。

  ⇒[1, 2, 3]

 

 var array3 = new Array(3);

  上記のように第1引数に数値だけ指定した場合は、初期サイズを指定するのみで、要素は格納されない。

  ⇒[undefined, undefined, undefined]

  

配列の長さを取得

 配列の長さを取得するにはlengthプロパティを使用します。

 var array1 = ["a", "b", "c"];

 array1.length

  ⇒3

 

配列のに要素を追加する

 var array1 = ["a", "b", "c"];

 array1.push["d"];

  ⇒[”a”, ”b”, ”c”, ”d”]

子ページ
子ページはありません
同階層のページ
  1. 記述方法
  2. コメント
  3. 変数の宣言
  4. 関数
  5. 演算子
  6. 条件文
  7. 配列
  8. 連想配列
  9. ループ処理
  10. 非同期処理
  11. 同期処理
  12. 確認ウィンドウを表示する方法
  13. 文字の置換
  14. base urlを取得する方法
  15. formのsubmit前にjavascriptを呼び出す方法
  16. undefinedのイコール判定
  17. Javascriptのみでformをpostでsubmitする方法

最近の質問

コメント一覧

コメントがありません