3.

DNS

ページの作成
テンプレートを更新

ページの作成

親となるページを選択してください。

ページは必ず何かしらの親ページに紐づきます。
親ページに紐づくページを子ページといいます。
例: 親=スポーツ, 子1=サッカー, 子2=野球

子ページを親ページとして更に子ページを作成することも可能です。
例: 親=サッカー, 子=サッカーのルール

親ページはいつでも変更することが可能なのでとりあえず作ってみましょう!

DNSとは何か

DNS(Domain Name System)とは、インターネットにおけるコンピュータネットワーク上のデータ通信において、ドメイン名をIPアドレスに変換するためのシステムのことです。

DNSの役割

DNSは、ドメイン名とIPアドレスの対応を管理するためのサービスです。インターネット上で通信する際には、ネットワーク上のすべてのコンピュータにはIPアドレスが割り当てられていますが、人間が覚えやすいドメイン名で通信することができます。DNSは、ドメイン名をIPアドレスに変換することで、コンピュータ同士の通信をスムーズに行うための役割を果たします。

DNSの仕組み

DNSは、階層的な構造を持っています。ドメイン名は、右側から順に下位レベルのドメイン名に分割されていきます。最も右側のドメイン名はトップレベルドメイン(TLD)と呼ばれ、その下にセカンドレベルドメイン、サードレベルドメインと続いていきます。

DNSは、ドメイン名をIPアドレスに変換するとき、クライアントのコンピュータから最も近いDNSサーバーに問い合わせを行います。その後、上位のDNSサーバーに問い合わせを繰り返し、最終的にドメイン名とIPアドレスの対応を確認します。

DNSのセキュリティ問題

DNSは、インターネット上での通信を支える重要なシステムの一つであり、攻撃の標的になることもあります。DNSキャッシュポイズニング攻撃は、DNSサーバーが偽の情報をキャッシュし、正当な問い合わせに対して偽のIPアドレスを返すことによって、攻撃者が意図するサイトにユーザーを誘導する攻撃です。DNSセキュリティ拡張(DNSSEC)は、DNSのセキュリティを強化するために開発された技術で、データの改ざんや偽装を防ぐことができます。

子ページ
  1. 設定方法
同階層のページ
  1. HTTP
  2. HTTPS
  3. DNS
  4. FTP
  5. TFTP
  6. DHCP
  7. SMTP
  8. SNMP
  9. POP3
  10. Telnet
  11. NTP
  12. SSH

最近の質問

コメント一覧

コメントがありません

ログインしなければコメント投稿はできません。