メニュー

PHPから外部ファイルを呼び出す方法

string exec ( string $command [, array &$output [, int &$return_var ]] )

execの戻り値はコマンド結果の最後の行を返します。

outputに変数を指定することでプログラムの実行結果を受け取ることができます。

行ごとに配列として格納されます。

return_varに変数を指定することでプログラムの成否を受け取ります。

0の場合は成功、1の場合は失敗です。

 


子記事一覧
子記事はありません

同階層の記事一覧
  1. インストール方法
  2. 文法
  3. Composerのインストール
  4. 内部関数
  5. フレームワーク
  6. エラー一覧
  7. 改行出力
  8. printとechoの違い
  9. シングルクォートとダブルクォートの違い
  10. returnとyieldの違い
  11. var_dumpをログ出力
  12. CSV読み込み
  13. 待機・処理の遅延
  14. ログファイルにエラーを出力する方法
  15. エラーログ出力関数
  16. URLパラメータの配列化
  17. empty, is_null. issetの判定比較表
  18. httpステータスコードの付与
  19. バージョンの確認
  20. php.ini
  21. APIを呼び出す方法
  22. 外部ファイルを呼び出す方法


▼ 詳細情報 ▼



最近コメントのあった記事

コメント一覧


コメントがありません