ログインをしてページを更新するだけでお金を稼ぐことが出来ます。
ページの作成

ページの作成

親となるページを選択してください。

ページは必ず何かしらの親ページに紐づきます。
親ページに紐づくページを子ページといいます。
例: 親=スポーツ, 子1=サッカー, 子2=野球

子ページを親ページとして更に子ページを作成することも可能です。
例: 親=サッカー, 子=サッカーのルール

親ページはいつでも変更することが可能なのでとりあえず作ってみましょう!
テンプレートを更新

6. 【Xcode/Swift】ボタンの作成とプログラムと連携

ボタンの設置

Main.storyboard」を選択してオブジェクトライブラリからボタンを選択してスマホ画面までドラッグ&ドロップします。

 

プログラムとボタンを接続

画面右上のエディタ表示ボタンをクリックしてプログラムを表示させる。

追加したボタンをControlキーを押しながらプログラムへドラッグ&ドロップする。

続けて接続設定画面が表示されるので、「Connection」を「Action」に変更してその他適当な設定をして「Connect」ボタンを押す。

今回は関数名(Name)をbtnFuncとする。

 

連携の確認

btnFunc」関数が追加されるので、以下のようにアラートを表示するコードを記載する。(確認用)

@IBAction func btnFunc(_ sender: Any) {
    let title = "サンプルタイトル"
    let message = "サンプルメッセージ"
    let btnText = "OK"
    let alert = UIAlertController(title: title, message: message, preferredStyle: UIAlertControllerStyle.alert)
    let sampleBtn = UIAlertAction(title: btnText, style: UIAlertActionStyle.cancel, handler: nil)
    alert.addAction(sampleBtn)
    present(alert, animated: true, completion: nil)

}

 

シミュレーターを起動してボタンを押すと以下のようにアラートが出現する。

 

子ページ
子ページはありません
同階層のページ
  1. マップの追加方法
  2. テンプレートの種類一覧
  3. ファイルの役割一覧
  4. シミュレーターの画面の拡大/縮小をする方法
  5. スライダーの作成とカスタマイズ
  6. ボタンの作成とプログラムと連携
  7. ラベルの作成とプログラムと連携
  8. 【Xcode/Swift】ImageViewのContentMode一覧
  9. エラー一覧
  10. アプリを実機で起動させる方法
  11. ツールバーの設置とボタンの追加
  12. 画像の追加
コメント一覧

コメントがありません