ページの作成

ページの作成

親となるページを選択してください。

ページは必ず何かしらの親ページに紐づきます。
親ページに紐づくページを子ページといいます。
例: 親=スポーツ, 子1=サッカー, 子2=野球

子ページを親ページとして更に子ページを作成することも可能です。
例: 親=サッカー, 子=サッカーのルール

親ページはいつでも変更することが可能なのでとりあえず作ってみましょう!
テンプレートを更新

4. 【Laravel】個別のページ(Bladeテンプレート)にcssやjsを反映させる方法

 

レイアウトなどのheadタグ内に以下の様な@stackを埋め込む。

<head>

    @stack('css')

</head>

jsの場合は@stack('js')のようにすればいい。

名前は何でも良いので分かりやすいもので。

 

次は個別のページ(Bladeテンプレート)側に以下の様に先ほど定義した@stact('css')に対して、

@pushを使用して読み込ませたいcssファイルを定義する。

@push('css')

    <link href="{{ asset('css/index.css') }}" rel="stylesheet">

@endpush

 

子ページ
子ページはありません
同階層のページ
  1. 親ビューと子ビュー(@section, @yield, @extends, @parent, @include)
  2. 条件分岐(@if)
  3. 繰り返し(@for, @foreach, @forelse, @while)
  4. 個別のページにcssやjsを反映させる方法

最近の質問

コメント一覧

コメントがありません