5.

【nginx】phpを動かす際に必要な設定

ページの作成
テンプレートを更新

ページの作成

親となるページを選択してください。

ページは必ず何かしらの親ページに紐づきます。
親ページに紐づくページを子ページといいます。
例: 親=スポーツ, 子1=サッカー, 子2=野球

子ページを親ページとして更に子ページを作成することも可能です。
例: 親=サッカー, 子=サッカーのルール

親ページはいつでも変更することが可能なのでとりあえず作ってみましょう!

PHP-FPMのインストールが必須となる。

 

前提

CentOS 7

php7.1

 

PHP-FPMのインストール

yum -y install --enablerepo=epel,remi,remi-php71 php-fpm

※バージョンは環境に合わせて要修正

 

nginxの設定

vi /etc/nginx/nginx.conf

 

以下の記述を追加(黄色い部分

server{
    server_name test.com;

    root   /var/www/test/public;

    location / {
            index  index.php index.html index.htm;
            try_files $uri $uri/ /index.php?$query_string;
        }

    location ~ \.php$ {
        fastcgi_pass   127.0.0.1:9000;
        fastcgi_index  index.php;
        fastcgi_param  SCRIPT_FILENAME $document_root$fastcgi_script_name;
        include        fastcgi_params;
    }

}

 

設定の反映

systemctl restart nginx

 

 

FPMの設定起動

vi /etc/php-fpm.d/www.conf

 

以下の項目をnginxに変更する

user = nginx

group = nginx

listen = 127.0.0.1:9000

 

FPMの起動と自動起動設定

systemctl start php-fpm

systemctl enable php-fpm

 

 

子ページ
子ページはありません
同階層のページ
  1. インストール (CentOS編)
  2. 起動・停止コマンドとステータスの確認 (CentOS編)
  3. VPSへの導入例(CentOS編)
  4. ドキュメントルートの変更方法
  5. phpを動かす際に必要な設定
  6. サブドメインの設定方法

最近の質問

コメント一覧

コメントがありません

ログインしなければコメント投稿はできません。