ページの作成

ページの作成

親となるページを選択してください。

ページは必ず何かしらの親ページに紐づきます。
親ページに紐づくページを子ページといいます。
例: 親=スポーツ, 子1=サッカー, 子2=野球

子ページを親ページとして更に子ページを作成することも可能です。
例: 親=サッカー, 子=サッカーのルール

親ページはいつでも変更することが可能なのでとりあえず作ってみましょう!
テンプレートを更新

9. PHPの配列の使い方

配列とは、データを複数格納できる入れ物。

配列、連想配列多次元配列をそれぞれ説明する。

配列

□配列の格納

    $変数名 = [値, 値, 値]

    もしくは

    $変数 = array(値, 値, 値);

    例: $arrayT = [1, 2, 3]

 

□配列の格納(1要素指定)

    $変数名[要素番号] = 値

    例:$arrayT[0] = 1

 

□配列の格納(末尾の要素に追加)

    例:$arrayT[] = 1

 

□配列の取り出し

    $変数名[要素番号]

    例:$arrayT[0]

 

連想配列

普通の配列と違い、要素を番号ではなく値で格納する。

□配列の格納

        $変数名 = [要素名 => 値, 要素名 => 値, 要素名 => 値]

        もしくあ

        $変数名 = array(
            要素名 => 値,
            要素名 => 値,
        );

 

        例: $arrayT = [

            'ele1' => 'val1',

            'ele2' => 'val2',

            'ele3' => 'val3'

        ]

 

□配列の格納(1要素指定)

        $変数名[要素名] = 値

        例:$arrayT['ele1'] = ‘'val1'

 

□配列の取り出し

        $変数名[要素名]

        例:$arrayT['ele1']

 

□配列の取り出し(キーと値をforeachで取り出す)

        foreach ($arrayT as $key => $value){

        print $key.'=>'.$value;

        }

 

多次元配列

□配列の格納

$変数名 = [

    [値, 値, 値],

    [値, 値, 値],

    [値, 値, 値],

    ];

もしくは、

$変数名 = [

    [要素名 => 値, 要素名 => 値, 要素名 => 値],

    [要素名 => 値, 要素名 => 値, 要素名 => 値],

    [要素名 => 値, 要素名 => 値, 要素名 => 値]

    ];

 

配列の中身を確認する方法

print_rメソッドを使用すれば配列の中身を確認できる。

    print_r(配列の変数名)

 

配列の結合

以下、2つの配列をマージする方法です。

$mergedArray = array_merge($array1, $array2);

 

子ページ
  1. オブジェクトを配列に変換する方法
同階層のページ
  1. 基本事項
  2. HTMLへの埋め込み
  3. 変数
  4. 可変変数
  5. 定数
  6. データ型
  7. キャスト
  8. エスケープ文字
  9. 配列
  10. 演算子
  11. 代入の際の注意点
  12. 条件分岐
  13. 繰り返し処理
  14. クラスとインスタンス
  15. コンストラクタ
  16. 関数
  17. スーパーグローバル変数
  18. スコープ
  19. staticについて
  20. yieldについて
  21. ファイルのアップロード方法
  22. DB接続方法
  23. SQL実行方法
  24. カプセル化の具体例
  25. 継承の構文
  26. オーバーライド
  27. ポリモーフィズム(多様性)の具体例
  28. 抽象クラス・メソッドの構文と具体例
  29. GET通信
  30. try catchで全てのエラーを拾う方法

最近の質問

コメント一覧

コメントがありません