2.

データベース

ページの作成
テンプレートを更新

ページの作成

親となるページを選択してください。

ページは必ず何かしらの親ページに紐づきます。
親ページに紐づくページを子ページといいます。
例: 親=スポーツ, 子1=サッカー, 子2=野球

子ページを親ページとして更に子ページを作成することも可能です。
例: 親=サッカー, 子=サッカーのルール

親ページはいつでも変更することが可能なのでとりあえず作ってみましょう!
人気パソコン・周辺機器はこちら

データベースとは?

データベースとは、データを蓄積し、管理するためのシステムです。データベースを使用することで、複数のアプリケーションやシステムが同じデータを共有することができます。

データベースの歴史と分類

階層型データベース

1960年代に、階層型データベースが開発されました。階層型データベースは、親子関係を持つデータを階層的に配置する方式であり、ツリー構造を利用してデータを組織化します。階層型データベースは、当初、コンピュータシステムのファイル処理に使用されていました。

ネットワーク型データベース

1960年代後半から1970年代にかけて、ネットワーク型データベースが開発されました。ネットワーク型データベースは、データ間の複数の接続を許可することで、複雑なデータの構造を管理することができます。ネットワーク型データベースは、階層型データベースよりも柔軟性がありました。

関係データベース

1970年代には、関係データベースが開発されました。関係データベースは、データを表形式で管理し、複数のテーブルを関連付けることができます。関係データベースは、SQL(Structured Query Language)と呼ばれる標準的なクエリ言語を使用して、データにアクセスすることができます。関係データベースは、今日でも広く使用されています。

オブジェクト指向データベース

1980年代から1990年代にかけて、オブジェクト指向データベースが開発されました。オブジェクト指向データベースは、オブジェクト指向プログラミングのコンセプトをデータベースに適用し、データをオブジェクトの集合として扱うことができます。オブジェクト指向データベースは、オブジェクトの再利用性を向上させ、データベースの柔軟性を高めました。

NoSQLデータベース

2000年代には、NoSQL(Not Only SQL)データベースが登場しました。NoSQLデータベースは、関係データベースとは異なるアプローチを取り、スケーラビリティや柔軟性に優れています。NoSQLデータベースは、非構造化データの処理やリアルタイムデータの処理に適しています。

データベース管理システム

データベース管理システム(DBMS)は、データベースを管理するためのソフトウェアです。DBMSには、リレーショナルデータベースを扱うためのSQL言語をサポートするものや、NoSQLデータベースを扱うための専用のDBMSがあります。

データベースのセキュリティ

データベースのセキュリティは、データベースを不正アクセスから守るために重要な要素です。データベースのセキュリティ対策としては、次のようなものがあります。

  • パスワードの設定やアカウントの管理
  • 暗号化
  • アクセス制限の設定
  • 監査ログの記録

 

人気パソコン・周辺機器はこちら
子ページ
  1. Oracle
  2. MySQL & MariaDB
  3. DB2
  4. SQLite
  5. PostgreSQL
  6. RDBMS共通
同階層のページ
  1. プログラミング言語
  2. データベース
  3. ネットワーク
  4. AI 人工知能
  5. OS
  6. ソフトウェア
  7. ハードウェア
  8. ファームウェア
  9. API
  10. セキュリティ
  11. Webサービス
  12. 技術・設計・規格
  13. SEO
  14. 開発工程
  15. エンジニア
  16. 電子工作
  17. その他用語一覧
  18. テスト用記事

最近の質問

コメント一覧

コメントがありません

ログインしなければコメント投稿はできません。