メニュー

Laravelのバリデーションの日本語メッセージ化

本稿ではLaravelのバリデーションメッセージを日本語にする方法を説明します。

 

設定ファイルの変更

config/app.php の「locale」を「ja」に変更します。

 

validation.phpの修正

resources/lang/ja/validation.php を修正します。

※ファイルが存在しない場合は resources/lang/en を resources/lang/ja としてコピーしましょう。

以下の例のようにチェック時のエラーメッセージを変更しましょう。

'required'             => ':attribute は必須です。',

 

attributeの部分を日本語にするには、「attributes」内の配列に以下の様に項目名を追加します。

'attributes' => [
    'comment' => 'コメント',
    'image' => '画像',
],


子記事一覧
子記事はありません

同階層の記事一覧
  1. 入力データの保持
  2. 必須チェック
  3. 文字列の長さチェック
  4. 存在チェック
  5. 一意チェック
  6. 日本語化


■ 詳細情報



最近コメントのあった記事

コメント一覧


コメントがありません