IT連合

メニュー

カプセル化

Javaのカプセル化に関するの記事です。

カプセル化で使用するデータ格納用のクラスを以下、DTO(Data Transfer Object)と呼称します。

 

DTOクラス

public class TestDto {
    
    //プロパティを定義
    //値の出し入れはgetter, setterメソッドを経由させるのでプロパティの修飾子はprivate
    private String val;

    //プロパティから値を取得するゲッターメソッド
    public String getVal() {
        return val;
    }

    //プロパティに値を設定するセッターメソッド
    public void setVal(String val) {
        this.val = val;
    }
}
 

DTOを使用する処理

public class main {

    public static void main(String[] args) {

        TestDto obj1 = new TestDto();

        //値をセットする
        obj1.setVal("ABC");

        //値をゲットする
        String val = obj1.getVal();

        System.out.println("val = " + val);

    }
}
 

 

処理結果

val = ABC


子記事一覧
子記事はありません

同階層の記事一覧
  1. 基本的なルール
  2. データ型
  3. 変数
  4. 定数
  5. 配列
  6. コレクション(List,Set,Queue)
  7. Map(連想配列)
  8. 演算子
  9. 条件分岐
  10. 繰り返し制御文
  11. クラス
  12. メソッド
  13. インスタンス化
  14. コンストラクタ
  15. staticキーワード
  16. オーバーロード
  17. 継承
  18. オーバーライド
  19. this
  20. super
  21. パッケージ
  22. アクセス修飾子
  23. 抽象クラス・メソッド
  24. インターフェース
  25. カプセル化
  26. 例外処理
  27. データベース接続
  28. 並列処理
  29. セッション
  30. ファイル入出力
  31. ラムダ式


▼ 詳細情報 ▼
▼ 過去バージョン ▼



最近更新/作成された記事
最近コメントのあった記事

コメント一覧


コメントがありません