ログインをしてページを更新するだけでお金を稼ぐことが出来ます。
ページの作成

ページの作成

親となるページを選択してください。

ページは必ず何かしらの親ページに紐づきます。
親ページに紐づくページを子ページといいます。
例: 親=スポーツ, 子1=サッカー, 子2=野球

子ページを親ページとして更に子ページを作成することも可能です。
例: 親=サッカー, 子=サッカーのルール

親ページはいつでも変更することが可能なのでとりあえず作ってみましょう!
テンプレートを更新

1. ckeditor5(Basic)の導入手順と使い方

前提

本稿はckeditor5の導入手順を説明します。

ckeditor5には「Builds」と「Framework」の2種類がある。

この2つの違いは「Builds」はスピーディに導入できる&最低限の機能のに対して「Framework」は機能が充実しているという感じらしいです。(雑なので追記求む)

今回は「Builds」の説明です。

↓「Builds」の機能

 

エディタのダウンロード

公式サイトにアクセスする。

Builds」にも「Classic」、「Balloon」、「Inline」と3つの種類がある。

おそらく見栄えの問題。

今回は「Classic」を選択。

ダウンロード画面はこちら

 

今回は「Zip package」形式で導入します。

Zip package」のダウンロードボタンを押すとメール購読者になるようせがまれるが登録しないでもダウンロード開始される。

 

実装

まず解凍したフォルダ内にあるjsファイルを以下のように読み込む(同じ階層にある前提)

<script src="ckeditor5-build-classic/ckeditor.js"></script>

 

次にエディタを表示させたい箇所に以下のコードを突っ込む。

<textarea id="editor">
    <p>Here goes the initial content of the editor.</p>
</textarea>
<script>
    ClassicEditor
        .create( document.querySelector( '#editor' ) )
        .then( editor => {
            console.log( editor );
        } )
        .catch( error => {
            console.error( error );
        } );
</script>

 

すると以下のようにエディタが組み込まれていることを確認。

 

データの取得&設定

データをセットしたい場合はsetData関数を使用する。

editor.setData( '<p>Some text.</p>' );

 

逆に取り出したい場合はgetData関数を使用する。

const data = editor.getData();

 

以上です。お疲れ様でした。

 

定義

修飾子と型 メソッドと説明
boolean equalsIgnoreCase(String anotherString)
大文字と小文字を区別せずに、このStringを別のStringと比較します。

 

備考

//記載

 

子ページ
子ページはありません
同階層のページ
同階層のページはありません
コメント一覧

コメントがありません