5.

プロジェクトをTomcatプロジェクトとして認識させる方法

ページの作成
テンプレートを更新

ページの作成

親となるページを選択してください。

ページは必ず何かしらの親ページに紐づきます。
親ページに紐づくページを子ページといいます。
例: 親=スポーツ, 子1=サッカー, 子2=野球

子ページを親ページとして更に子ページを作成することも可能です。
例: 親=サッカー, 子=サッカーのルール

親ページはいつでも変更することが可能なのでとりあえず作ってみましょう!

本稿はeclipseにてプロジェクトをTomcatプロジェクトとして認識させる方法を説明します。

eclipse上のパッケージ・エクスプローラーにてプロジェクトを左クリック→プロパティ→Tomcat→Tomcatプロジェクトにチェックマークを入れます。

コンテキストの設定も同じ画面でできます。

子ページ
子ページはありません
同階層のページ
  1. Pleades導入方法(Windows)
  2. Tomcatの起動ボタンを表示
  3. 色・テーマの変更
  4. Tomcatプロジェクトのディレクトリ構成
  5. プロジェクトをTomcatプロジェクトとして認識させる方法
  6. Webアプリケーションのデプロイ方法
  7. 便利ショートカット一覧
  8. エラー一覧
  9. サーバーの設定
  10. サーバーとプロジェクトの紐づけ
  11. Tomcatの起動時のログがconsole上に表示されない時の対応
  12. macOSで複数のワークスペースを起動させる方法

最近の質問

コメント一覧

コメントがありません

ログインしなければコメント投稿はできません。