ログインをしてページを更新するだけでお金を稼ぐことが出来ます。
ページの作成

ページの作成

親となるページを選択してください。

ページは必ず何かしらの親ページに紐づきます。
親ページに紐づくページを子ページといいます。
例: 親=スポーツ, 子1=サッカー, 子2=野球

子ページを親ページとして更に子ページを作成することも可能です。
例: 親=サッカー, 子=サッカーのルール

親ページはいつでも変更することが可能なのでとりあえず作ってみましょう!
テンプレートを更新

2. 【Spring】@Autowiredアノテーションとは

本稿はSpringFrameworkの@Autowiredについて説明します。

@Autowiredとは

@Autowiredはフィールド単位で付与するアノテーションです。

付与されたフィールドの型と合うBeanを自動的にInjectionしてくれます。

型と会うBeanが複数ある場合は、@Qualifierアノテーションを使用することで一意に識別できます。

以下、@Autowiredを使用したサンプルです。

@Configuration
@PropertySource({ "classpath:/jdbc.properties" })
public class DBConfig {

    @Autowired
    private Environment environment;

    @Bean
    public DataSource getDataSource() {
        final DriverManagerDataSource dataSource = new DriverManagerDataSource();
        dataSource.setDriverClassName(environment.getProperty("jdbc.driverClassName"));
        dataSource.setUrl(environment.getProperty("jdbc.url"));
        dataSource.setUsername(environment.getProperty("jdbc.username"));
        dataSource.setPassword(environment.getProperty("jdbc.password"));
        return dataSource;
    }
}

 

 

子ページ
子ページはありません
同階層のページ
  1. @After
  2. @Autowired
  3. @Bean
  4. @Before
  5. @Column
  6. @Component
  7. @Configuration
  8. @Controller
  9. @Data
  10. @Entity
  11. @GeneratedValue
  12. @Id
  13. @Modifying
  14. @PathVariable
  15. @PropertySource
  16. @Repository
  17. @RequestBody
  18. @RequestMapping
  19. @ResponseBody
  20. @RestController
  21. @Service
  22. @SpringBootApplication
  23. @Table
  24. @Transactional
  25. @Value
コメント一覧

    No.2 | guest | 2019-06-12 10:21:55

    「型と会う」→「型と合う」の誤記だとお思われます。

    No.1 | guest | 2019-06-12 10:21:06

    型と会うBeanが複数ある場合 ↓ 型と合うBeanが複数ある場合