【重要】ライターコイン数の表記の変更と換金レート廃止について

djangoにおけるMySQL/MariaDBへの接続

前提

・MySQLのインストール

・データベースおよびユーザーの作成

※上記の設定がまだの方はこちらを参照して下さい。

 

パッケージのインストール

pip install pymysql

pip install mysqlclient

 

setting.pyの設定

djangoの設定ファイルであるsettings.pyDATABASESでデータベースの接続設定ができます。

settings.py

import pymysql

pymysql.install_as_MySQLdb()

 

...

 

DATABASES = {

    'default': {

        'ENGINE': 'django.db.backends.mysql',

        'NAME': 'db_name',  # DB名

        'USER': 'user',  # DBユーザー名

        'PASSWORD': 'pass',  # パスワード

        'HOST': 'localhost',  # ホスト名

        'PORT': '3306',  # ポート

        'OPTIONS': {

                'init_command': "SET sql_mode='STRICT_TRANS_TABLES'",

                },    

        }
}

ENGINEではデータベースの種類を選択します。

SQLite:'django.db.backends.sqlite3'

 

OPTIONSで指定したSTRICT_TRANS_TABLESとはDBのレコード挿入時にエラーが発生した場合ステートメントを停止する設定です。

この設定をしないとdjangoのマイグレーション実行時に警告が出ます。

 

wsgi.pyの設定

manage.pyと同じ記述を追加しましょう。

※wsgiで動かす環境ではこちらの設定ファイルを参照するため。

 

DBシェルの起動(対話モード)

以下のコマンドを実行することでMySQLに対話モードで接続することが出来ます。

python manage.py dbshell

 



子記事
子記事はありません

同階層の記事
  1. MySQL/MariaDBへの接続
  2. sqliteへの接続
  3. SELECT, INSERT, UPDATE, DELETE
  4. 素のSQLをそのまま実行する方法


詳細情報
過去バージョン
記事の差分



最近コメントのあった記事

コメント一覧


コメントがありません