IT連合

メニュー

v2の使い方

本稿はreCAPTCHA v2の導入方法に関して説明します。

 

前提

Googleアカウントを所有していて、ログインしている。

 

サイト情報の登録

公式サイトにアクセスして「My reCAPTHA」を選択します。

 

続いて、ラベル(適当な名前)を入力、「reCAPTHA v2」を選択、「Send alerts to owners」を選択します。

「reCAPTHA v2」を選択すると更にreCAPTHAを導入するドメインの登録と利用規約の同意を促されます。

「Send alerts to owners」にチェックを入れることで何らかの異常があった場合メールが送信されます。

サイトにreCAPTHAを導入

登録が完了したら導入先のサイトの<head>タグに以下のコードを実装します。

<script src='https://www.google.com/recaptcha/api.js'></script>

 

以下、実装例となります。

reCAPTAHAの導入箇所である<form>タグ内に以下のコードを実装します。

※「data-sitekey」はご自分のSite Keyを入力してください。

<form ...>

        <div class="g-recaptcha" data-sitekey="*******************" data-callback="enableBtn"></div>

        <input name="btn" 
               type="submit" 
               value="button"
               
disabled/>

</form>

<script type="text/javascript">
function enableBtn(code) {
        if(code !== ""){
                $(':submit[name=comment_btn]').removeAttr("disabled");
        }
}
</script>

reCAPTAHAを押したらsubmitボタンを押せるようにします。

 

以下、サーバーサイドの実装例です。(PHP)

$reCaptchaSecretKeyにはご自分のSecret Keyを指定してください。

<?php
$gRecaptchaResponse = $_POST["
g-recaptcha-response"];
$reCaptchaSecretKey = "..."; 
$reCaptchaUrl = "
https://www.google.com/recaptcha/api/siteverify?secret=".$reCaptchaSecretKey."&response=" . $gRecaptchaResponse;
$response = @file_get_contents($reCaptchaUrl);
$response = json_decode($response,true);

//var_dump($response);

if ($response['success'] == true){
    print "成功";
} else {
    print "失敗";
}
 
?>

 


子記事一覧
子記事はありません

同階層の記事一覧
  1. v3の使い方
  2. v2の使い方
  3. エラー一覧


▼ 詳細情報 ▼
▼ 過去バージョン ▼



最近更新/作成された記事
最近コメントのあった記事

コメント一覧


コメントがありません