【重要】ライターコイン数の表記の変更と換金レート廃止について

【git】リモートとローカルのリポジトリを同期(pull)する方法

本稿はリモートとローカルのリポジトリを同期(pull)する方法について説明します。

 

前提

クローンが済んできない場合はこちらを参照。

SSH接続。

 

リモートの接続設定

ローカルリポジトリ上で以下のコマンドを実行して接続設定がされているか確認する。

git remote -v

設定がされていない場合は以下のコマンドを実行する。

git remote add origin ssh://GitServer/home/gitpro.git

GitServer/home/gitpro.git」の部分はSSH設定とリモートリポジトリのディレクトリ構造により適宜変k脳する。この部分が分からない場合はこちらを参考に。

 

同期する

以下のコマンドを実行することでリポジトリの同期が出来ます。

git pull origin master

 



子記事
子記事はありません

同階層の記事
  1. 用語一覧
  2. git本体のインストール(Linux)
  3. Linuxサーバーへのgit導入とクライアントのセットアップ
  4. リモートリポジトリをローカルリポジトリとしてクローンする方法
  5. リモートとローカルのリポジトリを同期(pull)する方法
  6. 設定の確認
  7. gitユーザー名とemailの設定
  8. リモートリポジトリの作成
  9. ローカルリポジトリの作成
  10. 新規ファイル/ディレクトリをインデックスに登録
  11. インデックスの登録状態を確認
  12. ローカルリポジトリの変更をコミット
  13. コミット履歴の確認
  14. クライアントからリモートリポジトリの接続設定、確認、削除
  15. リポジトリへのプッシュ
  16. リモートリポジトリからクライアントへのSSHクローン
  17. リモートとローカルの差分表示
  18. バージョンの確認
  19. プロキシの設定
  20. ローカルをリモートリポジトリの状態に戻す
  21. ブランチの作成, 一覧表示, 切り替え
  22. ブランチのマージと削除
  23. リベース
  24. .gitignoreの設定が反映されない場合
  25. 特定のファイルをgitの管理から外す方法
  26. 参照(ORIG_HEAD, HEAD, FETCH_HEAD)
  27. エラー一覧
  28. git rm [-r --cached] の取り消し
  29. 一部のディレクトリ/ファイルのみをリポジトリから復元する方法


詳細情報
過去バージョン
記事の差分



最近コメントのあった記事

コメント一覧


コメントがありません