【重要】ライターコイン数の表記の変更と換金レート廃止について

【git】リモートリポジトリをローカルリポジトリとしてクローンする方法

本稿はgitのリモートリポジトリをローカルリポジトリとしてクローンする方法を説明します。

 

前提

SSH接続

サーバーOS:Linux

クライアントOS:Windows(Git Bashを使用)

 

SSH接続設定

SSH接続方法に関してはこちらを参照してください。

※↓の「Gitのリモート接続」と重複する部分は省いて下さい。

 

Gitのリモート接続設定

■sshconfigの設定

クライアント側にダウンロードした「\Git\etc\ssh\ssh_config」を開く。

Host GitServer(適当な名前)
  HostName  サーバーのホスト名
  Port      22(デフォルトは22だがサーバー側に指定がある場合はそれを指定)
  User      ユーザー名
  IdentityFile  秘密鍵のパス

SSHが分からない場合はこちらを参照。

 

クローンの実行

ローカルの任意のディレクトリに移動して、以下のコマンドを実行する。

git clone ssh://GitServer/home/gitpro.git [任意のディレクトリ名]

※「/home/gitpro.git」の部分はリモートリポジトリのディレクトリ構造により適宜変更してください。

sshキーのパスフレーズの入力を促されたら入力しましょう。

クローンが始まり、ローカルリポジトリにファイルが落とされます。

ルートディレクトリの名前を変更したい場合は任意のディレクトリ名を指定します。

 

クローン後の注意点

Laravelプロジェクトはデフォルトで.gitignoreファイルが設定されています。

クローンした後は.envファイルの作成および以下のコマンドを実行しましょう。

composer install

 



子記事
子記事はありません

同階層の記事
  1. 用語一覧
  2. git本体のインストール(Linux)
  3. Linuxサーバーへのgit導入とクライアントのセットアップ
  4. リモートリポジトリをローカルリポジトリとしてクローンする方法
  5. リモートとローカルのリポジトリを同期(pull)する方法
  6. 設定の確認
  7. gitユーザー名とemailの設定
  8. リモートリポジトリの作成
  9. ローカルリポジトリの作成
  10. 新規ファイル/ディレクトリをインデックスに登録
  11. インデックスの登録状態を確認
  12. ローカルリポジトリの変更をコミット
  13. コミット履歴の確認
  14. クライアントからリモートリポジトリの接続設定、確認、削除
  15. リポジトリへのプッシュ
  16. リモートリポジトリからクライアントへのSSHクローン
  17. リモートとローカルの差分表示
  18. バージョンの確認
  19. プロキシの設定
  20. ローカルをリモートリポジトリの状態に戻す
  21. ブランチの作成, 一覧表示, 切り替え
  22. ブランチのマージと削除
  23. リベース
  24. .gitignoreの設定が反映されない場合
  25. 特定のファイルをgitの管理から外す方法
  26. 参照(ORIG_HEAD, HEAD, FETCH_HEAD)
  27. エラー一覧
  28. git rm [-r --cached] の取り消し
  29. 一部のディレクトリ/ファイルのみをリポジトリから復元する方法


詳細情報
過去バージョン
記事の差分



最近コメントのあった記事

コメント一覧


コメントがありません