【重要】ライターコイン数の表記の変更と換金レート廃止について

システムと特徴

画面の説明

画像は るきさん より

上部メニュー

  • 左上:レベルと経験値システム

    • 経験値は戦闘で手に入れるのではなく、カードのレベルアップを介して経験値を得る方式である。

    • この他に実績をクリア、クリスタル寄付で得ることができる。

      • 必要経験値は

      • LV 攻撃力 体力 必要経験値
        1 2 50 10
        2 3 75 50
        3 4 100 200
        4 5 125 500
        5 6 150 1200
        6 7 175 4000
        7 8 200 10000
        8 9 225 20000
        9 10 250 ----

         

  • 右上:お金

    • クリスタルとゴールドがあり、クリスタルはカードレベルアップに使われ、ゴールドは店の商品を買ったり、カードパックをすぐに開くことに使う。

  • 左下:自分が設定したリーダーアイコンと自分のニックネームが表示がされる。

    • タップすると自分のデッキを見ることが出来る。

    • ニックネームは、最初の設定後、設定で一度だけ変えることができ、リーダーアイコンは設定でいつでも何度でも変更することができる。

  • 右下:自分がいる階層が表示される。 階層ごとにエリアが分けられる。

    • iアイコンをタップするとエリアの詳しい説明を見ることが出来る。

    • また転移した画面でiアイコンをタップするとそれぞれのエリアパック内容寄付時の獲得経験値勝利時の獲得クリスタルも見ることが出来る。

右側メニュー

  • 歯車アイコン:設定
    • 音のONOFFやエリア10以降にランダムステージ変更などができる。
      • ヘルプ・サポートから右上のアイコンをタップするとお問い合わせが可能。
  • 封筒アイコン:お知らせ
    • 更新内容などが表示される。
  • トロフィーアイコン:ランキング
    • 他の人のデッキを見ることが出来る。
    • 一番下で更にフリックすると、更に読み込まれる。
  • メダルアイコン:実績
    • クリアすると経験値とゴールドが貰える。
  • 双剣アイコン:フレンドバトル
    • レベルは6に統一される。

下部メニュー

  • ホーム

    • 他画面で戻るを押すとココに戻る
    • 再度戻るボタンを押すとゲームを閉じるか聞かれる
  • カード

画面の見かた

左上:デッキを五つ設定し切り替えることができる。 
右上:Onにするとカードのレベルとレベルアップするまで集めなければならカードと、今まで集めたカードが出てくる。 なおスペルカードのレベルは、プレイヤーのレベルと同じ。

左中央:デッキで設定したカード一覧。 

右側中央:プレイヤーのレベルに応じたプレイヤーの体力と攻撃力(プレイヤーが直接攻撃を受けた時、プレイヤーは反撃をする。)
下段:現在持っているカード。 

 

それぞれのカードの見かた

輪郭の色:属性の色

左上の数字:戦闘時キャラクターカード召喚に必要なコスト。

左下の数字:攻撃力

右下の数字:体力

右上の線の数:レア度 

 

カードをタップした後の画面

種族 :キャラクターの種類。 今の所ロボットと悪魔のみ参照。
デッキセットの制限:レジェンダリーとスペルは1枚。他は2枚。 

TIPS

カードの最大レベルは9であり、最初のレベルはレア度がコモンの場合1、レアで2、エピックで4、レジェンダリーで6。

9レベルを超えた分はクリスタルに還元される。

コモンは240 レアは950 エピックは48000 レジェンダリーは950000

レベルアップに必要な枚数は2→20→40→200→400→1000→2000→4000と増えていく

エピックの8→9は400枚レジェンダリーの8→9は40枚

必要クリスタルと獲得経験値は

Lv 必要クリスタル 獲得経験値 必要枚数(コモン) レア エピック レジェンダリ
1→2 10 2 2      
2→3 100 4 20 2    
3→4 1000 10 40 20    
4→5 10000 20 200 40 2  
5→6 80000 40 400 200 20  
6→7 500000 100 1000 400 40 2
7→8 1500000 200 2000 1000 200 20
8→9 4000000 400 4000 2000 400 40

 

勢力

寄付を行うことが出来る。

勢力は五つあり違う色のカードを使うことのペナルティは存在しない。

赤の勢力"クリムゾングローリー"は、自分達に干渉しようとしてくる他勢力から、仲間や弱者を守るために戦っています。

リリース前(何者にも囚われず、自由であることを望んでおり、それを押さえつけようとする他勢力を潰すために戦っています!)

青の勢力"オーシャンボーン"は、世界は自分達がコントロールすることでより発展し、完全なものになると考えており、それを邪魔する他勢力を排除するために戦っています。

緑の勢力"ワイルドフロンティア"は、あるがままの姿こそが最上と確信しており、世界に変化を望む他勢力に対抗するために戦っています。

白の勢力"ライトブリンガー"は、混迷する世界に法を制定し平和を取り戻すべく、争い続ける他勢力を静めるために戦っています。

黒の勢力"ブラックエンパイア"は、世界を闇で覆い、支配することを目的としており、自分達に従わない他勢力を消滅させる為に戦っています。

2週間ごとのシーズンで1位の勢力にはドリームパックがプレゼントされる。

2位はゴールドパック 3位はシルバーパックがプレゼントされる。

(2018年12月の時点でクリムゾングローリー(赤の勢力)がほとんど1位を占めているので

初期ボーナスが赤になるまでリセマラするのもあり。)

ショップ

ゴールドでパックを購入するのはもちろん、日本円でゴールドを購入したり、ゴールドでクリスタルを購入もできる。

また日替わりでクリスタルでカードも購入できる。

値段は

コモン:500*10

レア:2'000*5

エピック:100'000

レジェンダリー:2’000’000

バトル

ホーム中央のバトルを押したりカード画面の練習を押したり、フレンドバトルを始めるとバトルが始まる。

  1. デッキからオープン枠5枚(変動有り)にカードが表示される
  2. カードを最大4枚手札に移す
  3. 手札から6つのマスのどこかに召喚する。
  4. カードは時間が経って攻撃ゲージがいっぱいになると自動的に攻撃し、この時、最も正面にいる敵を攻撃する。
    1. 攻撃したのが相手リーダーの場合、攻撃力分のダメージを与え相手リーダーの反撃を受ける。
    2. 攻撃したのが相手カードの場合、攻撃力分のダメージを与える。
  5. 体力が無くなるか8ターン目終了時に体力の少ない方が負ける。

右上赤旗ボタンを押すと、リタイアをしたいかのメッセージウィンドウが浮かぶ。 リタイアするを押すと負ける。

右側の浮き出しアイコンを押すとメッセージを送れる。

送れるのは

  • よろしく!(英語:Good Luck!)
  • あっ(英語:Oops)
  • ありがとう!(英語:Thanks!)
  • グットゲーム!(英語:Good Game!)
  • やるな!(英語:Well Played!)
  • わぉ!(英語:Wow!)
  • (^▽^)/
  • ヽ(`Д´#)ノ
  • (´;ω;`)
  • (`・ω・´)

TIP:リーダーアイコンはダメージを受けると血飛沫?が出て痛そうな顔をする。

 

 



子記事
  1. エリア

同階層の記事
  1. システムと特徴
  2. カード一覧
  3. デッキ紹介
  4. アップデート履歴
  5. TIPS


詳細情報
過去バージョン
記事の差分



最近更新/作成された記事
最近コメントのあった記事
最近の質問
まだ質問がありません

コメント一覧


    No4 | guest | 2019-03-07 19:48:32
    win real money slots casino games poker online real money online casino russian roulette


    No3 | まーぷー | 2018-12-24 08:25:01
    返答して下さりありがとうございます。 少しずつ更新して行きます。 おかしな点等有りましたら、お気付きになられました時点等で修正して頂けますと幸いです。


    No2 | わくわく | 2018-12-24 00:05:22
    更新ありがとうございます 時間が取れないので更新できてないですが wikiですし自由に更新してくださって結構です


    No1 | まーぷー | 2018-12-23 17:26:42
    レベル8になり、レベル9迄の必要経験値が判明致しましたので、更新致しました。 また、コモンのカードがレベル8になり、レベル9迄の必要枚数と必要クリスタルが判明致しましたので、部分的に更新させて頂きました。 ご迷惑で有れば元の状態に戻して貰って構いません。 また、カード詳細の続きは更新しても宜しいでしょうか? 宜しくお願い致します。