IT連合

メニュー

スクリプトの作成と実行

本稿はUnityのスクリプト作成と実行に関する記事です。

 

スクリプトの作成方法

プロジェクトウィンドウの適当な場所で右クリック→「Create」→「C#Script」を選択します。

 

今回作成したスクリプト名は「TestScript」です。

↓スクリプトの中身です。(本稿ではスクリプトを作成するだけで中身の実装は行いません。)

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;

public class TestScript : MonoBehaviour {

    // Use this for initialization
    void Start () {
        
    }
    
    // Update is called once per frame
    void Update () {
        
    }
}

 

 

スクリプトの実行

Unityではスクリプトはオブジェクトに依存するのでオブジェクトに対してスクリプトを張り付ける必要があります。

適当なオブジェクトを作成してスクリプトを張り付けます。

特にシーン上でオブジェクトを作成したくなく、スクリプトだけ実行したい場合は「Empty Object」を作成してスクリプトを張り付けましょう。

ヒエラルキーウィンドウ内で右クリック→「Create Empty」を選択します。

 

作成した「GameObject」(Empty Object)を選択してインスペクターウィンドウを開きます。

インスペクターウィンドウに対して「Test Script」をドラッグアンドドロップしましょう。

これでGameObjectに対してScriptが張り付けられ、スクリプトが実行されることになります。

※今回作成したTest Scriptは空なので実行されるコードはもちろんありません。

 


子記事一覧
子記事はありません

同階層の記事一覧
  1. スクリプトの作成と実行
  2. C#のクラス一覧
  3. シーンの移動方法
  4. オブジェクトの移動・回転
  5. キーボードの入力値を受け取る
  6. オブジェクトの取得とコンポーネントの取得
  7. 衝突時の処理
  8. Webページを開く
  9. コンポーネントの取得
  10. 処理を一定時間待つ
  11. コンソールへのログ出力方法
  12. 飛行機の加速と減速
  13. ジェットエンジンのエフェクトとオーディオ


▼ 詳細情報 ▼



最近更新/作成された記事
最近コメントのあった記事

コメント一覧


コメントがありません