IT連合

メニュー

rsync ファイル/ディレクトリの同期

本稿はLinuxコマンドのrsyncに関する記事です。

 

SSHでの同期例

rsync -auv -e "ssh -T -i 鍵ファイルパス" ssh configの識別子:同期元パス 同期先パス > ログファイルパス

 

オプション

-a:ファイル情報の保持
-v:ログの表示
-u:同期先のファイルが新しい場合はスキップ
-n:シミュレーションをするだけで実際は同期されない
-e ssh:SSHを使用

 


子記事一覧
子記事はありません

同階層の記事一覧
  1. ls ファイル/ディレクトリ一覧表示
  2. sudo ユーザー指定
  3. cron ジョブの自動実行
  4. wget http通信によるファイルダウンロード
  5. rm ファイル/ディレクトリ削除
  6. pwd カレントディレクトリの表示
  7. cd ディレクトリの移動
  8. ./configure
  9. make
  10. make install
  11. unzip ファイルの解凍
  12. mv ファイル/ディレクトリの移動および名称変更
  13. mkdir ディレクトリの作成
  14. touch 空ファイルの新規作成
  15. vi テキストディタの使用
  16. find ファイル/ディレクトリ検索
  17. grep 文字列の検索
  18. tail ファイルの末尾表示
  19. curl HTTP通信によるリクエスト
  20. nslookup ドメインのIP解決
  21. apt update パッケージリストの情報を更新
  22. apt upgrade パッケージの更新
  23. ln リンク/ショートカットの作成
  24. rsync ファイル/ディレクトリの同期
  25. ssh リモートとの暗号化通信
  26. scp sshを利用したファイルのコピー
  27. unzip zipファイルを解凍する
  28. diff ファイルの差分抽出
  29. cp ファイル/ディレクトリのコピー
  30. fdisk ハードディスクに対する操作
  31. lsblk デバイスをツリー状で表示する
  32. kill プロセスを停止する
  33. zip ファイルやディレクトリをzip形式に圧縮する
  34. host ドメインからIPアドレスを確認


▼ 詳細情報 ▼



最近更新/作成された記事
最近コメントのあった記事

コメント一覧


コメントがありません