【重要】ライターコイン数の表記の変更と換金レート廃止について

入力データの保持

本稿はLaravelでバリデーションエラーがあった場合、入力値を再度表示させる方法を説明します。

以下の実装例を見て下さい。

<input type="url" name="url" value="{{old('url')}}" required="required">

入力フォームの値を保持したい場合は{{old(name)}}を使用します。

デフォルト値を設定したい場合は、{{ old(name, デフォルト値) }}としてください。



子記事
子記事はありません

同階層の記事
  1. 入力データの保持
  2. 必須チェック
  3. 文字列の長さチェック
  4. 存在チェック
  5. 一意チェック
  6. 日本語化


詳細情報
過去バージョン
記事の差分



最近コメントのあった記事

コメント一覧


コメントがありません