IT連合

メニュー

Unityの導入方法

これはUnityの導入方法に関する記事です。

 

1.まず公式サイトのダウンロードページにアクセスしましょう。

2.特に拘りが無ければ最新バージョンをダウンロードしましょう。

  今回は無料版であるPersonalライセンスのインストーラーダウンロードします。

    

 

3. ダウンロードした「exe」ファイルを実行するとインストーラーが起動します。

    今回の例では「Unity 2017.1.1」をインストールします。

 「Next」ボタンを押しましょう。

    

 

4. 利用規約に同意して「Next」ボタンを押しましょう。

 

5. 「Next」ボタンを押しましょう。

※チェックを入れていないコンポーネントは後で必要に応じてインストールできます。

 

6. Unityのインストール先フォルダを指定しましょう。

 上のインストール作業に使用するフォルダの選択はそのままでよいです。

 「Next」ボタンを押しましょう。

 

7. 統合開発環境である「Visual Studio 2017」の利用規約に同意して「Next」ボタンを押してください。

 

8. インストールが始まります。

    インストールが完了したら「Finish」ボタンを押しましょう。

 

9. Unityが起動します。(うまく起動しなかったらデスクトップにあるショートカットからもう一度起動しましょう)

    Unity IDGoogleアカウントFacebookアカウントでログインが出来ます。(いずれのアカウントも保持していないのであれば作成しましょう)

以上でUnityのインストールは完了です。お疲れさまでした。

プロジェクトの作成等は他の記事を参照してください。

 


子記事一覧
子記事はありません

同階層の記事一覧
  1. Unityの導入方法
  2. エディタ(画面)の説明
  3. プロジェクトの作成と削除
  4. オブジェクト
  5. コンポーネント
  6. スクリプト
  7. アセットのインポート方法
  8. ゲームの実行/一時停止/コマ送り
  9. パッケージのインポート
  10. ゲームの公開(Build)方法
  11. 重力の変更
  12. 用語集
  13. エラー一覧
  14. おすすめアセット一覧


▼ 詳細情報 ▼
▼ 過去バージョン ▼



最近更新/作成された記事
最近コメントのあった記事

コメント一覧


コメントがありません