この内容は古いバージョンです。最新バージョンを表示するには、戻るボタンを押してください。
バージョン:7
記事更新者:guest
更新日時:
2018-10-09 10:56:47

バリデーション

本稿はLaravelにおけるバリデーションに関する記事です。

以下、入力値チェックの実例を記載します。

※チェックの種類やその他詳細に関しては子記事を参照してください。

 

ビュー

<!-- バリデーションエラーの表示 -->
@include('common.errors')

<!-- 新フォーム -->
<form action="{{ url('task') }}" method="POST">

    <input type="text" name="name" id="task-name" class="form-control">

    <button type="submit" class="btn btn-default">Submit</button>
    
</form>

 

includeでうまくいかない場合は以下の記述でも可能。

    @if ($errors->any())
        <div class="alert alert-danger">
            <ul>

                @foreach ($errors->all() as $error)
                    <li>{{ $error }}</li>
                @endforeach

            </ul>
        </div>
    @endif

 

 

コントローラー

直前の画面に戻す場合。

$this->validate($request, [
    'name' => 'required|max:255',
]);

 

ビューを表示するコントローラーに戻す場合

$validator = Validator::make($request->all(), [
    'url' => 'required|max:1000|unique:urls,url',
]);

if ($validator->fails()) {
    
return
redirect('/sitemap/url/'.$website->id.'/'.$locale)
            ->withErrors($validator)
            ->withInput();